特殊攻略のススメ+α-ドラクエなどなど-

ドラゴンクエストを中心にやや昔のゲームの特殊攻略を紹介しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DQ5(SFC)裏技

■ドラクエ5(SFC)裏技
 ここではSFC版ドラクエ5の裏技を紹介いたします。制作者が意図していない不具合のうちとくにゲームバランスを大きく破壊するものをここでは扱います。
 制作者が意図したかどうかわからないもの、制作者が意図していない不具合の中でもゲームバランスをあまり壊さず有用性がとくにないというものは「仕様」の項目で説明しております。
 制作者が意図しない不具合の中でも特にネタ程度にすぎないというものは「ちょっとした小ネタ」の項目で説明しております。
<参考>
・DQ5(SFC)仕様
・DQ5(SFC)ちょっとした小ネタ


○ひとしこのみ
(1)概要
 特定の6つのアイテムを主人公に特定の順番で持たせると、こちらの攻撃が必ず会心の一撃になり、仲間になるモンスターは必ず仲間になるという裏技。
 特定の6つのアイテムの頭文字をとって「ひとしこのみ技」と呼ばれている。
 発見したのはドラクエ解析界の有名人物である遠藤氏。デバッグ用のコマンドの消し忘れではないかと言われている。
(2)効果
 味方の攻撃が必ず会心の一撃になる、かつ、仲間になるモンスターは必ず仲間になる。
 但し、会心の一撃が出ない鞭系武器などを装備していれば会心の一撃はでない。この点はパルプンテの会心必中と同様である。
 また、当該モンスターを仲間にするためには主人公のレベルが足りない、仲間モンスターがこれ以上預けられない状態にある、当該戦闘がイベント戦闘である、当該戦闘が仲間にならないエリアで行われている、など仲間にはなりえない状況であれば、モンスターが起き上がることはない。
(3)方法
 主人公に後述する6つのアイテムを順番に持たせる。
 主人公には、特定の6つのアイテム以外、他にアイテムは持たせてはいけない。
 檜の棒は装備してもよい(「何も装備してはいけない」と記述しているサイトも見られるが誤りである)。
1.檜の棒(初期装備、幼年期)
2.尖った骨
3.幸せの帽子
4.棍棒
5.のこぎり刀
6.身かわしの服
 グランパニア到着時にはこれらのアイテムをそろえることができるため、ひとしこのみを行うことができるようになる。
 最短でこの技を使うためにも、あらかじめ幼年時代のうちに檜の棒、尖った骨を青年期に持ち越しておきたい。


○同一モンスター複数回撃破バグ
(1)概要
 1度倒したはずの敵を何度も倒してしまうというバグ。
 発生パターンとしては、聖水を使う、装備がえ攻撃を行った際に会心の一撃が出る、装備がえ攻撃の際に毒針を装備して殴るという類型がある。
 発生パターンとは別に、当該モンスターを撃破したそのターンのみ再度の撃破が可能という場合と、当該モンスターを撃破したそのターン以降も再度の撃破が可能という場合の二類型がある。後者の類型は通称255狩りとして別の項目で扱う。
(1)効果
 1度倒した敵を複数回倒してしまう。
 経験値、ゴールドも倒した回数分手に入る。
 このバグが発生すると多少画面がバグる。しかし、ルーラなどで画面を切り替えると直る。またセーブデータには影響がない。
(2)方法
ア 聖水を使う場合
1. 2グループ以上の敵が現れる。
2. ターゲットとする敵を倒すため、味方のうち一人以上(Aとする)がその敵を攻撃や攻撃呪文等で倒しに行く。
3. 同一モンスター複数回撃破を狙うため、味方のうち一人以上(Bとする)がその敵に対し聖水を使う。
4. Aがターゲットとする敵を倒した後、Bがターゲットとする敵に対して聖水を投げる。
5. 既に倒しておりターゲットにならないはずの当該敵に聖水が当たる。
6. 当該敵は既にHPが0なので、聖水で1以上のダメージが当たり。再度倒すことができる。
イ 毒針を使う場合
1. 2グループ以上の敵が現れる。
2. ターゲットとする敵を倒すため、味方のうち一人以上(Aとする)がその敵を攻撃や攻撃呪文等で倒しに行く。
3. 同一モンスター複数回撃破を狙うため、味方のうち一人以上(Bとする)がその敵に対し装備がえ攻撃。毒針を装備する(毒針を装備→そのまま殴る)。
4. Aがターゲットとする敵を倒した後、Bがターゲットとする敵を毒針で殴る。
5. 既に倒しておりターゲットにならないはずの当該敵をBが攻撃する。
6. 当該敵は既にHPが0なので、毒針攻撃で1以上のダメージが当たり再度倒すことができる。
ウ 会心の一撃を使う場合(パルプンテ、ひとしこのみによる確定会心あり)
1. 2グループ以上の敵が現れる。
2. ターゲットとする敵を倒すため、味方のうち一人以上(Aとする)がその敵を攻撃や攻撃呪文等で倒しに行く。
3. 同一モンスター複数回撃破を狙うため、味方のうち一人以上(Bとする)がその敵に対し装備がえ攻撃。会心の一撃が出る武器を装備する。
4. Aがターゲットとする敵を倒した後、Bがターゲットとする敵を殴る。
5. 既に倒しておりターゲットにならないはずの当該敵をBが攻撃する。
6. 当該敵は既にHPが0なので、会心の一撃で1以上のダメージを与えることができれば再度倒すことができる。
エ 会心の一撃を使う場合(確定会心なし)
1. 2グループ以上の敵が現れる。
2. ターゲットとする敵を倒すため、味方のうち一人以上(Aとする)がその敵を攻撃や攻撃呪文等で倒しに行く。
3. 同一モンスター複数回撃破を狙うため、味方のうち一人以上(Bとする)がその敵に対し装備がえ攻撃。会心の一撃が出る武器を装備する。
4. Aがターゲットとする敵を倒した後、Bがターゲットとする敵を殴る。
5. 既に倒しておりターゲットにならないはずの当該敵をBが攻撃する。
6. 装備がえ攻撃をした場合、ターゲットは既に撃破したはずの敵のままであるが、通常はミスとなる。
7. しかし、会心の一撃判定は残っているため、運よく会心の一撃を出ることがある。
8. 当該敵は既にHPが0なので、1以上のダメージを与えることができれば再度倒すことができる。
(3)補足、解説
ア 原理
 通常、一度倒したはずの敵はターゲットとならないため、複数回同一モンスターを撃破することはない。
 しかし、道具欄を利用した攻撃(聖水、装備がえ攻撃)の場合、一度倒したはずの敵が、最低でも撃破されたターンの間、ターゲットになるという不具合がある。
 とはいえ、前述したように、ターゲットとしては一度倒したはずの敵が選択されることになっても、通常は攻撃がミスとなって複数回同一モンスターを撃破することはない。
 しかしながら、聖水、毒針攻撃、会心の一撃では確実にモンスターに1以上のダメージを与えることができるためこの限りではない。
 例外中の例外である聖水、毒針装備替え攻撃、装備がえ攻撃かつ会心の一撃を使うことで、同一モンスターを複数回撃破することができるわけである。
イ 実行するには?
 当該敵を撃破した後に聖水、毒針装備替え攻撃、装備がえ攻撃かつ会心の一撃が入らなければならないため、当然のことながら聖水、毒針装備替え攻撃、装備がえ攻撃かつ会心の一撃を行うキャラの前に先制してターゲットとなる敵を倒すキャラが必要となる。味方キャラの素早さが噛みあっていないとこの技を行うのは極めて難しい。
 確定会心でない状況で装備がえ攻撃かつ会心の一撃を狙うパターンも一応紹介したが、会心の一撃を運で出す必要があるため成功率は低くお勧めしない。
 こういうといかにも発生させるのが難しいようにも思われるが、味方キャラの素早さと敵のHPに気をつけて行えば、それほど発生させるのが困難ではない。
 なお、ゲームバランスを大きく破壊する技としてRTAでは禁止とされるのが一般的であるといえる(かつては後述する255狩りのみが禁止なのかメタル系についてのみ禁止なのが不明確であったが、現在では明確に禁止されていることが多い)。


○255狩り(無限狩り)
 同一モンスター複数回撃破バグの一類型として、当該モンスターを撃破したそのターン以降も再度の撃破が可能という場合がある。
 一般的には255狩りや無限狩りと呼ばれているが、モンスターは一つの種類につき255匹までしか狩れないため(255匹狩るとターゲティングが変更される)、無限狩りというのは用語として不正確である。
(1)方法
1、2グループ以上の敵が現れる。
2、聖水を持った仲間を用意して、ターゲットとする敵を狙う。
※ターゲットのモンスターのグループはそれ一匹にしておく
3、そのターゲットを倒した後、聖水がヒットし成功。
 ちなみに、その後毒針を装備した状態の仲間が倒した敵を攻撃するとさらに複数回敵を倒すことができる。
(3)参考
 ひとしこのみ+装備変え攻撃でも同様のことが可能である(装備変え攻撃をすると、倒したはずの相手を攻撃するが、通常ミスする。しかし、その際ひとしこのみを発動していると倒した敵をまた攻撃し倒すことができる。これはパルプンテでの会心確定時でもほぼ同様)。
 1グループでも一応可能であるが、聖水が誰に当たるかが不定なため思い通りに決められるとは限らない。
(4)応用、実用例
 エビルマウンテン近くでは、はぐれメタル×メタルスライムというグループが結構な確率で現れる。ここで、この技を使い、かつパルプンテの全員麻痺を利用してはぐれメタルを狩る。狩り始めたら、「呪文を使うな」あたりに作戦を変え、AIに攻撃を任せるとどんどん狩ってくれる。(AIは通常、メタル系は後回しで倒すのだが、このグループでははぐれメタルを優先して攻撃する)最大255匹まで倒してくれる。(倒しきると、メタルスライムを攻撃し始める)
 聖水バグで倒す敵が一番左にいれば255狩りが可能であるが、他の敵が倒した敵の左にいるとそちらを攻撃することになるため、255狩りは不可能である。
 はぐれメタル255匹狩りが有名であるが、他の敵であっても255狩りは可能である。


○奇跡の剣出現
 仲間を呼ぶモンスターに対し、聖水バグを行い、そのグループの敵の出現数を0の状態にして敵を呼ばせると奇跡の剣が出現する。
 これはグループの敵の出現数が0になると何もいないとしてモンスターの種類のパラメータが255になるところ、この255には奇跡の剣がデータとして入れられているため、出現数1匹以上になると本来は出現するはずのない奇跡の剣が出現する。
 奇跡の剣のグラフィックはそのグループの敵のグラフィックに依拠する。
 なお、合体スライムの場合、呼ばれた奇跡の剣とも合体する。


■まんたんバグ(情報源:末吉さん(5について))
 同種モンスターが2匹いるときにその2匹のいずれかを回復呪文を使えるキャラのうち一番後ろに置き満タンをすると、同種モンスターのうち先に仲間にした方が回復を行うことになるが、そのときMPが切れていても呪文を使うことが出来る。
 例えば、スライムナイト2匹の場合、アーサーがダンジョン内に入っていてピエールがダンジョンに入っていなくてもピエールが回復することになる。
・備考
1. スライムナイトが有名であるが、ホイミスライムなどでも同様のことが可能。
2. 3匹でも同様のことが可能。
3. 回復呪文を唱えるはずのキャラが死亡していても回復呪文を唱える。
4. 回復するはずのキャラがダンジョン内に入っていなくてもよい。
5. 同種モンスターがいる場合、キャラIDの若い方が回復を行うという仕様なので、先に仲間にした方を一度預け引き出すと後に仲間にした方が回復を行うようになる。
6. 回復を実際に行うキャラは、別の同種モンスターが覚えていて自己は覚えていない呪文も唱える。
・備考の具体例
1. ピエールとアーサー、ホイミンとスラッポなどで可能。
2. ピエール、アーサー、ちゅんなどで可能。
3. ピエールが死亡していても、アーサーが生存していれば、ピエールが回復呪文を使う。
4. ボブルの塔でアーサーしか馬車外メンバーにいなくても、ピエールが回復呪文を使う。
5. アーサーを仲間にした後、ピエールを預けた場合、ピエールを回復呪文を唱えることが可能なキャラのうち一番後ろにおき満タンをするとアーサーが回復呪文を使う。
6. ピエールがベホイミを覚えていなくても、アーサーがベホイミを覚えていれば、ピエールはベホイミも使う。


■スライムレースで儲ける
 まずは闘技場へ行き、1試合終わらせるか、賭ける寸前でキャンセルします。そのあと、スライムレースに行くと1-2、2-5のオッズが10倍になっています。この状態の時は9割近くの確率で1-2が来ます。たまに2-5や他のものもきます。
仕様上、120倍の状況再現も組めそうですが、ご自分でお見つけください。


■キャラ強制移動
決まった移動をするキャラが半キャラ分移動した際に話し、話し終わる際に←か↓コマンドをしてタイミングよくメッセージウィンドウを閉じる。
 すると、話しかけたキャラの位置が下にずれる。タイミングがややシビアであるが慣れれば容易にできる。
この裏技により、本来であればレヌール城攻略後にしか手に入らない手織りのケープを最初にサンタローズに立ち寄ったときに入手できる。


■雄たけび、なめまわしの無効化
方法:入れ替えをして、一度馬車に入れ、また出す。


■鞭系装備替え攻撃バグ(情報源:茄子さん)
 鞭系に装備を変えて攻撃したときに攻撃対象がすでに倒されていた場合、普通は鞭が変な方向に飛んで行って攻撃がミスする。
 しかし、その鞭の飛んだ場所に敵がいい感じに配置しているとその敵がバグリ、その敵が戦闘から離脱するとフリーズする。
・方法、注意など
1、敵の配置によっては、飛んでいった鞭が敵に(グラフィック上)ヒットしてその敵の色がバグる
2、バグった敵を倒す、逃がす、ニフラムで消す等戦闘から離脱させるとフリーズ
3、どくばりオンリーのバグ技と思われていたものの、どくばりで敵を倒すことをしなくても起こりうる。また、一番左の敵を狙った場合でなくても起こりうる
4、逃げればフリーズは避けられる
5、どのような敵の配置であればこのバグが発生しうるかは未調査



■一度に2回効果
方法:パルプンテの2回攻撃時にアイテムを使う。消費アイテムの場合、1つ消費するだけで2回効果が得られる。
注意:複数所持していると当然2つ使う。


■毒針、バイキルト、気合いため・力ための関係
 毒針を装備するとどんな時も1ダメージ。それ以上のダメージにはならない。
 力ため・気合ため→通常:2倍ダメージ 会心時:普通の会心ダメージ
 バイキルト→通常:2倍ダメージ 会心時:2倍の会心ダメージ
 力ため・気合ため+バイキルト→通常4倍ダメージ 会心時:2倍の会心ダメージ


■暗黒世界での船使用
・方法
 暗黒世界でも船の位置は変わらないので、座標を調整すれば暗黒世界でも船を呼ぶことができる。船の座標は上陸時に決定される。何箇所か可能な点があるが、ルラフェン辺りがやりやすい。少し間違えると陸地や、海中に船が出現する。(勿論乗れない)
・雑記
 暗黒世界では、オラクルベリー北の橋などフラグに関係するものが存在する。トロッコの洞窟の3キャラ分のフィールドでは、幼年期のサンタローズの洞窟1階の敵が出る。ここでのスライムは仲間にできない模様。旅人の地図は使えるが、縮尺の関係上、現在地点を把握するのは難しい。FC版3に似たようなもの。
▼SNES:DQ5 暗黒の世界に船を持っていく


<モンスター爺さん関連の裏技>
■同種モンスターレベル上げ
・方法
    1.同種の仲間モンスター(以下モンスターA・B)2匹をパーティーに加える
    (LVをあげたいほうのモンスターをモンスターAとする。3匹でもこの技は可能)
    2.モンスターAとモンスターBを預ける
    (注:預ける順番はどちらでもよい)
    3.モンスターBを仲間に加える
    4.モンスターAを仲間に加える
    5.外に出て、一度戦闘する
    6.戦闘終了後、モンスターAのレベルが1つ上がる
・補足
 同種モンスターが3匹いる場合は、後から加えた2匹のLVが上がる。続けてこの裏技を実行する場合、3.と4.は省略してもよい。レベルが上がるのは、次のレベルアップまでに必要な経験値がバグり(11111111の経験値が必要と言われる)、1でも経験値が入ればレベルが上がる状態になるため。よって、次のレベルまで500の経験値が必要で、その次のレベルになるまでにはさらに1000の経験値が必要となる場合にこの技を使うと、その次のレベルになるまでには「1500-(上記5で入った経験値)」の経験値が必要となる。
▼SNES:DQ5 モンスターじいさんでLvアップ

■モンスターコピー
・注意
 ボロンゴ技の一歩手前の技なので、主人公を生き返らせるフラグ(町に入る)を立てないよう注意すること。
・方法
    1.あらかじめコピーしたいモンスターをモンスター爺さんに預ける
    2.パーティー内の人間キャラの人数を2人にする
    3.並べ替えをしてモンスター(どのモンスターでもよい)を先頭にさせる
    4.コピーしたいモンスターの様子を2回見てもらう
    5.この後人間2人の状態を見る
    6.人間がモンスターになってしまう
・補足
 名前・ステータス・所持アイテムすべてがコピーされる。しかし、ボロンゴ技で見られるような共有ステータスではない。
▼SNES:DQ5 モンスター増殖

■ボロンゴ技
・注意
 データが消える恐れがあり、かつゲームの進行に大きな障害がでてくることがあります。
・方法
 主人公以外のものを先頭にして、モンスター爺さんに預けているモンスターの様子を見る。その時点で主人公は消え、他のモンスターが増殖される。その後、町に入るなどすると主人公いない=主人公死亡扱いとされ、主人公を生き返らせるフラグが立つ。それを二度すると、ステータスがころころ変わるバグキャラが現れる。
 ボロンゴを出す方法はすでに調査済みですが、詳しくは「ボロンゴ技についてのページ」をお読みください。


<山彦の帽子関連の裏技>
■山彦の帽子で6回攻撃(ビアンカ・フローラ)
 まず、山彦の帽子とキラーピアスが装備したキャラを用意する。
 パルプンテの効果で2回攻撃が可能にした時に、作戦を「めいれいさせろ」以外にしておくと、呪文(→こだまする)、打撃×4となり、6回攻撃を行うときがある。
(解説)
 パルプンテの効果で2回攻撃が可能になった際に、作戦を「めいれいさせろ」以外にしておくと、打撃→打撃や呪文→呪文だけでなく、呪文→打撃など異なる行動を選択することができるという仕様があるため、6回攻撃が可能となるわけですが、発動は運任せですし実用性はないと思います。
▼ドラクエ5 フローラで 6回攻撃の検証(裏技・バグ)

■攻撃の後に魔封じ(踊る宝石)
 踊る宝石に山彦の帽子を装備させた状態でかつ作戦を「めいれいさせろ」以外にすると、攻撃の後に魔封じの効果が出ることがある。
(補足)
 攻撃→呪文がこだまする→魔封じ(MPは消費しない)となるため、非常に奇妙です。


<死者関連の裏技>(一部引用:■DQ5 ULTIMATE LOW LEVEL CLEAR GUIDE
■魔神の鎧で先制攻撃
 魔神の鎧を装備すると素早さが0になるが、パーティを【生者(魔神装備)、死者(、生者or死者)】の順に並べると、魔神の鎧を装備したキャラが確実に先攻できるようになる。
 補正後の味方1人目の素早さと2人目の素早さが同一になった場合、その時点で味方1人目の先行後攻の処理が終了されるというバグがあるため、先行が確定する。

■死者は先攻率を変える
 素早さが大きく違い、明らかに先攻/後攻の順番が定まっている場合でも、パーティを【生者、死者(、死者)】の順に並べると先攻率が変化する。
 こちらの素早さが圧倒的に低い場合でも、先制する確率が本来より高くなる。
 死者の素早さはその前のキャラと同じものとされ、乱数による補正後の素早さが1人目と2人目で同一になった場合、魔神バグと同様にその時点で味方1人目の先行後攻の処理が終了されるバグが発生するため、素早さが圧倒的に低くても先制が確定する

■死者の盾技
 ゲマ(青年時代)やミルドラースは、本来はマホカンタもしくはマホキテ状態のキャラに対してはメラゾーマを唱えてこない。
 しかし戦闘メンバーに死者が含まれている場合、メラゾーマを唱えてくることがある。その対象がマホカンタ状態のキャラであれば呪文は反射され、逆にダメージを与えることができます。この時、メラゾーマが当たるのは先頭のキャラのみとなる特性がある。
 つまり、先頭のキャラがマホカンタ状態であれば呪文を反射できることになる(マホキテの場合はダメージを受けるので注意が必要)。
 但しこの技を発生させるには、馬車外の生存者全員がマホカンタないしはマホキテ状態でなければならず、なおかつ先頭のキャラが生存している必要がある。


DQ5(SFC)ちょっとした小ネタに進む
DQ5(SFC)トップに戻る
スポンサーサイト

テーマ:ドラゴンクエスト - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freedomborokabu.blog72.fc2.com/tb.php/25-ee8b4353
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ファミ

Author:ファミ
・当サイトではDQを中心に特殊攻略を念頭に入れたデータベースを提供しています。
・一部作品はDS版等リメイクへの対応も行っております。
・解析でわかった面白いことやほとんど知られていないネタなどを色々記載しており、裏技コンテンツなどは他サイトに例がないほど詳しいものとなっております。
・だいたい土日更新ですので更新を気長にお待ちください。

迷い込んだ回数

メニュー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
一押しのページ
自作動画
検索フォーム

管理人の巣窟
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1332位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
65位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。