特殊攻略のススメ+α-ドラクエなどなど-

ドラゴンクエストを中心にやや昔のゲームの特殊攻略を紹介しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09年オリコンシングル年間チャートについて

 09年オリコンシングル年間チャートの100位までは2週間前ほどに発表されましたが、まだコメントをしてなかったので簡単ながらしてみたいと思います。
 今週金曜日に500位までの詳細版が出るため、詳しくはそれが出た後に書こうと思いますが。

 まあ、09年もジャニーズ勢の売り上げは凄かったですね。特に嵐がまさに全盛期です。08年も年間1位2位を独占しましたが、09年も1位2位3位5位を占めました。
 08年はメンバーのドラマ出演・全国ツアー・24時間テレビと大車輪の活躍でしたが、09年も紅白出場を果たしましたし、最高の年になりましたね。

 さて、そんなコアなファンの多いジャニーズなどのアイドルグループが上位にランクインした09年オリコンシングル年間チャートですが、それ以外のコアなファン(というより信者かもw)がつきにくい歌手は軒並み売り上げが下がっていますね。
 結果的には、年間30位まで男性が27組でうちジャニーズが12でした。女は支持層にCDを買う層の多い秋元順子さんが4位。複数枚CDを購入するコアなファンの多い(公式が思い切りあおってますw)AKB48が22位。全盛期に比べれば圧倒的な人気は薄れたもののいまだに10代20代女性から支持の熱い浜崎あゆみが26位に入っただけです。
 それ以降は34位にYUI、36位にJUJUが入るなどちらほらビッグネームが見えますが、33位35位はけいおん!の桜高軽音部ですw
 もしかしたら、もう、女性アイドルは流行らない時代になってしまったのかもしれないですね。


 100位以内を無るとだいぶ幅広いタイプの歌手がランクインしていますが、本当に30位以内は男性アイドルグループがほとんどです。EXILEもTAKAHIROが新ボーカルになってからはアイドル的な側面が出てきましたからね。
 名前を見ても、ジャニーズの嵐、KAT-TUN、関ジャニ∞(エイト)、NEWS、NYC boys、山下智久、KinKi Kidsは勿論、遊助、羞恥心、東方神起、氷川きよしとアイドル歌手が軒並み30位以内の上位に入ってます。
 こういうことを見ると、もうオリコンのCDランキングはあまり当てにならないような気もしてきますねw
 少なくても音楽配信が広まった現代においては、かつてのように曲さえよければシングルCDを買ってもらえる時代は終わり、シングルCDを買わせるには何かしらの工夫が必要となっていることは間違いないです。
 まあ、嵐やKAT-TUNなどは私も好きですし、別に本当の音楽市場における影響力以上にCDが売れてしまっているなどと揶揄する気はないですけど、歌手にとっては難しい時代になったでしょうね。



 それはおいといて、私の専門であるアニソンに話を向けますと、この分野は男性アイドルと同じく、数少ない勢いを持ったジャンルだと言えそうです。
 軒並み売り上げが下がる中、アニソンだけはそこまで下がらないか、むしろ積極的なマーケティング戦略が功を奏してか売り上げが上がっているようにも感じます。すくなくても、他のものが下がっている中、アニソンは下がらないので相対的に地位は向上していると言えます。
 07年のらき☆すたのもってけは年間40位になりましたが、それを超えるような勢いを見せたけいおん!が33位(Don't say "lazy")、35位(Cagayake! Girls)、73位(ふわふわ時間)にランクインしており、化物語EDの「君の知らない物語」が72位になっています。
 総合的な売上的も十分凄いのですが、もっと凄いのは売れ方で、けいおん!のOP・ED2曲はオリコン30位以内に10回もランクインするというロングヒット。「君の知らない物語」も長い間30位以内に居座り続けました。発売日の関係で惜しくも100位内は逃しましたが、とある科学の超電磁砲OP「only my raigun」もロングヒットの様相を示しています。

 紅白出場も果たした水樹奈々も今年は95位(深愛)、99位(夢幻)と2曲が100位内に入りました。
 08年もTrickstarが100位でしたし、07年はSECRET AMBITIONが106に入るなど、ここ3年は100位前後に2曲は確実に入るようになっています。
 けいおん!のようなロングヒットにはなりませんでしたが、オリコン2位~4位がデフォになってきており、レイトン教授にも出演するなど一般的も知名度を上げ、今後がますます楽しみです。


 とりあえず、2010年も男性アイドルグループがシングルCD売り上げの上位に食いこむのはほぼ確実でしょう。
 一方のアニソンが今年もどれだけの勢力を保てるかが焦点となりそうです。いい作品はCDもちゃんと売れているので、アニメ業界自体が縮小に向かいつつある中でどれだけヒット作を出せるかが問題です。少なくても、今クールの作品に第2のけいおん!や化物語になるような作品はなさそうですww
スポンサーサイト

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freedomborokabu.blog72.fc2.com/tb.php/280-d66ec82b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ファミ

Author:ファミ
・当サイトではDQを中心に特殊攻略を念頭に入れたデータベースを提供しています。
・一部作品はDS版等リメイクへの対応も行っております。
・解析でわかった面白いことやほとんど知られていないネタなどを色々記載しており、裏技コンテンツなどは他サイトに例がないほど詳しいものとなっております。
・だいたい土日更新ですので更新を気長にお待ちください。

迷い込んだ回数

メニュー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
一押しのページ
自作動画
検索フォーム

管理人の巣窟
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
531位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
29位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。