特殊攻略のススメ+α-ドラクエなどなど-

ドラゴンクエストを中心にやや昔のゲームの特殊攻略を紹介しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作アニメを1話で切って失敗したケース

 新作アニメを視聴するかどうか1話見ただけで決める方は多いと思いますが、それで失敗したケースについて考えてみました。
 その結果、1話でダメと判断し切ったものの後に名作と言われた作品はかなり少なく、逆に1話見たところ「そこそこ良くね?」と思っていたものの後に駄作と言われた作品は多いですw

 やはり、どの作品も第1話には力を入れますからね。2chであれだけ笑い物にされているキャベツだってまだ1話はましなものでした(といってもすでに原作の影は見られませんがw)。
 後者が何故良くあるかは、やはり当初は健全だった作画がどんどんわるくなっていったとか、1話は原作に忠実で無難に作ったものの無駄にアニメオリジナル要素を入れた結果シナリオが崩壊しただとか、キャラや声は良いものの元々話が面白くなかったとかが要因だと思います。まあ、私は近年見る作品を相当絞っていますので、後者のケースに当てはまる作品はまず最後まで見ないのですが、4話5話ぐらいで切るケースは少なくないですね。


 駄作の話ばっかりしてもつまらないので、前者の「実は名作だった!」という作品を上げてみようと思いますが、個人的にこのケースで出てくるのは、AIR、ef - a tale of memories.、とらドラ!ですね。探せばもっと有りそうですが、この3つは1話で一旦切ってました。

 まず、AIRですが、勿論京アニの方です。個人的にKeyは好きですが、このころのいたる絵は嫌いでしたのでアニメでもそれがネックとなり1話で切ってましたが、これまた京アニの方のKanonが予想以上に素晴らしい出来だったので見てみたところ・・・。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。
 やはり元の絵がアレなので作画の癖は強いですが、やはり評判通り名作でした。CLANNADのときはだいぶいたる絵も一般向けにシフトしてきているので好感が持てますが、Kanon・AIR時代はだいぶ絵で損しているところはあると思います。あれはあれでいいという人も少なくないでしょうが。

 次にef - a tale of memories.ですが、正直、first taleの方は演出ばかりが評価されて、話の方はたいして評価されていませんでした。アニメの演出も良く、キャラ原画が七尾奈留さんでしたので見ようとは思っていたのですが、景がうざかったとかなんかで1話で切ってました。
 ですが、後にちゃんと見てみると、評判が芳しくない景×京介ルートをスルー気味にして、千尋×蓮治ルートをメインにしていたこともあり非常に面白かったです。
 アニメ放送後にthe latter taleが発売されましたが、こちらは演出にさらに磨きがかかった上、前作の伏線を上手く回収し、感動的な終え方になっていた分評価も高かったです。主題歌がオリコン30位近くまで上がっていましたし反響は大きく、アニメ2期も1期以上に素晴らしい出来となりました。


 最後にとらドラ!ですが、これはツンデレ=釘宮に嫌気がさしたので1話で切りました(ちなみに私は釘宮病患者ですが、「くぎゅでツンデレだったら何でもいいんだろ?」という姿勢が08年のアニメ界には出ていたのを嫌ったため敢えて切ってました)。ただ、後期試験が終わった後の暇な期間に録り溜めしていた分を見てみると、DQNな女たちの争いが激しくて非常に楽しめました。
 元々、原作は「このライトノベルがすごい」の常連で評価が高かったので期待はしていましたが、アニメの方も作画が安定しており、反感は感じるもののトータルではキャストも良かったので良い作品になりました。
 なお、私は大河などどうでもよく、みのりんが好きです(ちなみに私は釘宮さん以上にほっちゃんのファンですw)。


<参考>
■新作アニメの良し悪しを1話だけで決め付ける奴多すぎじゃね?
スポンサーサイト

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freedomborokabu.blog72.fc2.com/tb.php/283-b50642a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ファミ

Author:ファミ
・当サイトではDQを中心に特殊攻略を念頭に入れたデータベースを提供しています。
・一部作品はDS版等リメイクへの対応も行っております。
・解析でわかった面白いことやほとんど知られていないネタなどを色々記載しており、裏技コンテンツなどは他サイトに例がないほど詳しいものとなっております。
・だいたい土日更新ですので更新を気長にお待ちください。

迷い込んだ回数

メニュー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
一押しのページ
自作動画
検索フォーム

管理人の巣窟
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
320位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
14位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。