特殊攻略のススメ+α-ドラクエなどなど-

ドラゴンクエストを中心にやや昔のゲームの特殊攻略を紹介しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DQ5(SFC)RTA考察:ミルドラース戦で賢者の石を誰に持たせるか

■ドラクエ5(SFC)RTA考察:ミルドラース戦で賢者の石を誰に持たせるか
 ミルドラース戦では賢者の石を持たせたキャラが死亡することなく、的確に賢者の石を使う必要があります。賢者の石を持ったキャラが死亡してしまうと一気に戦闘状況は悪化しますし、相手のHPを削りきっていない状態で賢者の石を持ったキャラを蘇生できないとなると、負けがほぼ確定してしまいます。
 そのため、賢者の石を誰に持たせるかが問題となります。
 一般的には娘かサンチョの二択となっていますが、サンチョの代用として主人公やイエティを使うこともできるので、誰に持たせるのが良いか検討してみます。


1.賢者の石を持つキャラに必要な能力について
(1)耐久力
 賢者の石持ち要因に必要な能力としては何と言ってもまず耐久力が挙げられる。
 耐久力としては、HPの高さ、守備力の高さ、耐性の良さの総合力の高さが重要となる。
 ミルドラースの打撃はそれほど脅威ではないため、そこまで守備力の高さは問題とならないが、弱形態の痛恨の一撃が145固定ダメージであることなどからわかるようにHPの高さは特に重要となる。
 そのため、HPの低いスラリンや妻などは賢者の石要因としては適さない(青年期前半のグランバニアへの洞窟ではぐれメタルを2匹狩るなどの特殊な状況は除く。)。

(2)素早さ
 賢者の石持ち要因を選ぶ際には、先攻後攻を安定させるために素早さも重要となる。
 素早さは安定して先制又は後攻できることが大事である。
 先制フバーハ・ベホマ・祝福の杖を使うため、星ふる腕輪は息子に装備させておきたいところである。そのため、星ふる腕輪は使えないものと考えておくべきだろう。
 この点、娘はミルドラース強相手に先制後攻が安定しないため、不安定となりがちである。

(3)どれだけお金がかからないか
 石持ち要因とするために必要な装備品にどれだけお金がかかるかもそこそこ重要となる。
 直接はお金がかかっていないが、神秘の鎧を用意する場合はドラゴンキラーを購入することになるため間接的にお金がかかる。
 この点、娘はプリンセスローブと幸せの帽子という普通に回収できるアイテムを装備するため問題とならない。サンチョも刃の鎧を用意するとなればやや金策が厳しいこともあるが、基本的にはそこまで問題とならないことが多い。
 イエティ石や主人公石の場合、装備として何を用意するかによっては問題となることがある。


2.娘に賢者の石を持たせる場合
・時短効果
 入れ替えの手間が省けるので戦闘時間としては極めて短く済む。
 ミルド弱中では間違いなくサンチョ石より早くそれぞれ15秒、20秒ほどの短縮が見込めるように思われる。
 強は戦略や2回行動の多さによってタイムがブレるが、入れ替えロスがかからないことから、だいたいサンチョ石よりも早いか同じくらいで倒すことができる。
 サンチョは回収すら必要ないので、サンチョに話しかけるロス・装備品を渡し装備させるロス・サンチョのレベルアップロスもカットすることができ、ミルド戦以外でも40秒ほどの短縮が可能となる。なお、サンチョは海の神殿や天空への塔、魔界での壁として使えるため、賢者の石持ち要因にしないのはよいとしても、加入すらカットすべきかは難しい問題である。

・安定度
 しかし、バイキルトを放棄して賢者の石を使い続けるようなことをしない限り勝率がほぼ100%にはならず、全滅のリスクが低くないのが問題である。かつての戦法では世界樹の葉なしで勝率3割などといわれており(私自身は3割あるかも疑問だと考えている)、現在でも戦略は異なるが世界樹の葉なしだと3割~7割ほどの勝率であるという人が多い。
 HP次第でバイキルトを諦めるチャート、ピンチの際に単騎防御を絡めるチャート、HPの低くなった仲間を積極的に馬車内に下げるチャートであれば勝率は比較的高くなる。息子が天空の盾を使う+HPライン次第でバイキルトをかけないチャートは、従来のチャートに比べて格段に安定度が高いが、それでも世界樹の葉が一枚も無いと勝率7割ほどなので不安定であることは否定できない。娘のレベルが低い場合、HP素早さもその分下がり先制後攻がより不安定になるためさらに勝率が下がってしまう。


3.娘以外に賢者の石を持たせる場合
 バイキルト要因と石持ち要因を分けることで時間はかかってしまうが、ミルド強にほぼ負けなくなる。
 息子が乙っている場合やフバーハが入っていない場合は被ダメージが大きいので、バイキルト要因と石持ち要因を分けないと勝率が低くなるし時間もかかってしまうため、娘以外に賢者の石を持たせることになる。
 娘をミルド戦のみで使うチャートなど娘のレベルが低い場合、娘石の安定度が低いので、そのようなチャートを用いる場合も娘以外に賢者の石を持たせた方がよいと思われる。
(1)サンチョ石
 ミルドラースの撃破速度こそ娘石に劣るものの、バイキルト要因と回復要員を分けているため安定度が極めて高く、強をひいてもしっかり安定を取れば負けることはほぼないに等しいという点で娘石より優れている。
 ミルド強の場合、だいたいバイキルトをピエールにかけられることから、安定をとってバイキルトを入れないことのある娘石チャートより早いことがままある。強に関しては撃破速度でも娘石に勝てることが少なからずあるといえる。

(2)主人公石
 基本的にはサンチョ石と同じだが、サンチョを加入させる必要がないためその分40秒ほどの短縮が可能となる。
 主人公はHPが低いので命の木の実を積んだり主人公のレベルを高めたりしないと厳しいという問題はあるが、守備力の点では太陽の冠という専用防具もありサンチョより固めることができる。
 ただ主人公を固めてもサンチョほどのHPにはならないことからミルド強の安定度がやや下がってしまうため、それであれば娘石にした方がよいとも考えられる。
 なお、神秘の鎧(小さなメダルが21枚必要となる)を装備させられるのであれば、サンチョ石とそん色ないぐらい高い安定度を誇るようになる。

(3)イエティ石
 これも基本的にはサンチョ石と同じ。サンチョを加入させる必要はないが、その分イエティのレベルアップタイムがあるため戦闘以外での短縮はあまりない。
 とはいえ海の神殿のブリザードマンや魔界のホークブリザード、バズズ対策に有効であるため、そこでも利用ができることを考えれば十分にメリットがあるし、ミルドラース第1形態の吹雪もシャットダウンできる。
 イブール戦等で生かしたままにしておけばレベル17、HP196まで伸びる。装備品はまどうしのローブ、鉄の盾、鉄兜になるが、元々身の守りがそこそこあるので守備力はそれほど低くなく、十分にサンチョの代用とできるレベルにあるといえる。
 青年期前半や後半開始すぐに金策のためまどうしのローブなどを売ってしまいたいという場合、金策に困るというデメリットはある。

(4)パペック石
 これも基本的にはサンチョ石・イエティ石と同じ。炎 1/2、吹雪 1/2、メラ 1/3、ギラ 1/3、イオ 1/3と耐性が優れているため打撃以外の攻撃に対しては強い。
 しかし、サンチョやイエティに比べるとHPが低く、レベル14(経験値61065)で142しかないため弱の痛恨や中のルカン打撃に耐えないこともある。
 パペック石にするならばレベルを15(経験値74507)以上にするか、命の木の実を1つ積みたいところである。

(5)息子石
 息子の殴る回数が減るためピエールの火力に頼りっぱなしになることが少なくなく時間がかかることが多い。
 先制賢者を入れたいのであれば娘に星ふる腕輪をつけさせた方がよいのではないかと思われる。

(6)ピエール石
 PS2版で採用されているチャートであるが、SFC版ではピエールと息子に匹敵する優秀なアタッカーがいないので、息子石と同様に火力不足に悩まされる可能性が高い。
 ピピンがいるのであれば火力が賄えるため最も安定した石持ち要因としてピエールを採用することは十分に考えられる。
 とはいえ、ピピンを加入させ、レベルアップさせるロスを踏まえると、ピピンをメインアタッカー・ピエールを石持ち要因としてわざわざ起用する必要性はないように思われる。


4.まとめ
 やはりロスが少なく速いのは何と言っても娘石ですので、単走、特に記録狙いでは娘石にしておけばよいと思います(サンチョ自体は加入させておいてもよい。)。
 しかし、娘石では現在の戦略でも勝率が高いというだけで全滅することも十分にありうるため、ミルド乙だけは絶対に防ごうというのであれば、サンチョ石が有効でしょう。
 青年期前半にはぐれメタルを狩って主人公のレベルが高い場合、イエティを仲間にしていた場合などは、サンチョの代わりとして主人公・イエティを用いることも検討してよいでしょう。


・補足
 主人公石やイエティ石はサンチョ石とは全く異なったチャートと思っている方もいるかもしれませんが、バイキルト要因と石持ち要因を分けることで安定を取るというチャートの一種である点は同じなので基本は同じです。そのため、娘石かそれ以外かという分類をしています。

・余談
 ニコ生などない時代は神秘の鎧を装備させた主人公を石持ち要因とするチャートもあったようですが、簡単かつ速いということ、主人公でなく娘を青年期後半のメインキャラと使用するチャートが一般化したこと(主人公はレベルが上がりきらずHPが伸びない)、神秘の鎧ではなく奇跡の剣を回収するチャートが一般化したこともあって娘を石持ち要因するチャートを取る人が増えました。
 しかし、当時のミルドラース戦の戦略では娘石とするとミルドラースの勝率が極めて低いこともあって、再びバイキルト要因と回復要員を分けて毎ターン回復をしつつピエールにバイキルトを常にかけた状態にするチャートが注目されました。ただ、主人公を青年期後半にメインとして使わないチャートが一般化していたこと、神秘の鎧ではなく奇跡の剣を回収するチャートが一般化していたことから、主人公石ではなくサンチョ石チャートを取る方がでてきました。
 その後は、サンチョ石を取る人がほとんどという時期もありましたが、ミルドラース強戦において一定のHPラインを下回った場合はバイキルトをかけないチャート、息子に天空の盾を使うというチャートなどが生み出されて娘石でもミルドラース強の勝率がかなり高くなったため、記録狙いを中心に娘石が再び増えたという状態です(上記二つのチャートや記録狙いにおいて娘石とするチャートはいずれも私が2011年9月頃からニコ生でやったチャートであったりします。それ以後に息子に天空の盾を使うというチャートや記録狙いにおいて娘石とするチャートを取る人がやや増えたという状況です。)。


■DQ5(SFC)RTA攻略考察:サンチョを仲間にすべきか
■DQ5(SFC)RTA攻略考察:メダルを何枚集めるべきか
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freedomborokabu.blog72.fc2.com/tb.php/557-4e253f83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ファミ

Author:ファミ
・当サイトではDQを中心に特殊攻略を念頭に入れたデータベースを提供しています。
・一部作品はDS版等リメイクへの対応も行っております。
・解析でわかった面白いことやほとんど知られていないネタなどを色々記載しており、裏技コンテンツなどは他サイトに例がないほど詳しいものとなっております。
・だいたい土日更新ですので更新を気長にお待ちください。

迷い込んだ回数

メニュー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
一押しのページ
自作動画
検索フォーム

管理人の巣窟
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
513位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
23位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。