特殊攻略のススメ+α-ドラクエなどなど-

ドラゴンクエストを中心にやや昔のゲームの特殊攻略を紹介しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DQ5(SFC)RTA考察:サンチョを仲間にすべきか

■ドラクエ5(SFC)RTA考察:サンチョを仲間にすべきか
 一時期はほとんどのプレイヤーがサンチョ石を選択しており、娘石を選択する場合にもサンチョ自体は仲間にしておくのが一般的でしたが、最近はサンチョカットをする人も再び増えてきています。
 サンチョ石にすべきか娘石にすべきかについては既に検討済みですが、「ミルド戦以外でサンチョを如何に使えるか」ということを踏まえて、サンチョをそもそも仲間にすべきか否かを検討してみます。
 話がややこしくなるため、魔人の鎧・雷神の槍を装備させサンチョを息子に代えてメインで使うチャートは考えないこととします。


1.どういったことを考慮すべきか
 サンチョを加入させるか否かを決定する際に、どのようなことを考慮すべきか考えてみました。
 サンチョ石チャートの場合は、当然サンチョを加入させることになるため、娘石チャートのことを念頭に入れて検討します。
(1)どこでどれだけサンチョを使うか
 ミルドラース戦でサンチョを使わない場合にも、サンチョを利用できる箇所は少なからずある。
 どれだけサンチョを利用するかによって、サンチョの要否を決定すべきであろう。
 特にサンチョを利用することのできる箇所としては、海の神殿、天空への塔、魔界が挙げられる。
 それらの区間でサンチョにどのような役回りを期待するのか、どの程度使うのかがサンチョを加入させるか否かにおいて最も重要な要素であると思われる。

(2)安定をどれだけとるか
 サンチョは初期HPが214と非常に高く、優秀な壁として利用することができる。
 緊急時の壁役が一人いるだけで安定度は上がるわけであるが、海の神殿はブリザードマンに3逃げミスするなどよほどのことがない限り大惨事にはならず、魔界もメガンテ要因が一人いるだけで安定としては十分なことも多いため、どれだけ安定をとりたいかによって結論は変わってくるだろう。
 息子、娘のレベルをしっかり上げる場合や、イエティなど他に優秀な壁がいる場合には既に安定度が高いため、サンチョを加入させる必要性は下がる。
 この点については、記録狙いであるか否か、青年期前半のタイムがどれだけのものかということも関わってくるだろう。

(3)道具持ち要因がいるか
 ブラウンなどの道具持ち要因が一人もいない場合、道具管理が面倒になるため、サンチョを加入させる必要性が多少ではあるが上がる。
 逆に道具持ち要因が二人いる場合、サンチョを加入させるとパーティの合計数が8人となって、入れ替えの際にコマンドの手間が増えるため、サンチョを加入させたくなくなるといえる。

(4)ロスがどれだけあるか
 サンチョをどう使うか、どういう装備をさせるかにもよるが、加入ロスだけで22秒ある(サンチョに話しかけルイーダの酒場でサンチョを呼ぶロスが22秒。星ふる腕輪回収時に仲間にする場合は18秒で済む)。
 装備品を渡し装備させるロス(10秒から20秒ほど)、サンチョのレベルアップロス(15秒ほど)があるため、トータルでは50秒ほどのロスとなる。
 また、ミルドラース戦でサンチョ賢者の石を持たせる場合は入れ替えのロスがあるため、弱で10秒ほど、中で15秒ほどのロスが生じうる。
 また、魔神の鎧を回収する場合はさらに1分10秒ほどのロスとなる。

(5)その他
 メガンテ要因がいるか否かも考慮してよさそうであるが、サンチョよりフローラをメガンテ要因にした方がロスが少なくて済むため、メガンテ要因がいないことのみを理由としてサンチョを加入させるほどではないだろう。


2.サンチョはどう使うか
 サンチョをどこでどれだけ使うかが、サンチョを加入させるか否かを判断する上でも最も重要なことではないかと書きましたが、では具体的にどのように使うことができるでしょうか。
(1)海の神殿
 ブリザードマン対策として盾及び爆弾石要因として利用できる。
 サンチョがいないと3逃げ失敗で壊滅するおそれがある。また、逃げずに爆弾石を2個投げる場合にも吹雪とヒャダルコばかり来れば死者が出る可能性が低くない。3逃げ失敗でなくてもヒャダルコと吹雪でピエールや主人公が死亡する恐れがある。そのため、ここでサンチョを使う必要性は低くない。
 ただ、サンチョがいなくても壊滅状態に陥ることはほとんどなく、死亡者が出る確率もそこまで高いとはいえないため、サンチョを加入させなくても大して問題はないともいえる。

(2)天空への塔
 全逃げチャートを取るのであれば体力の高いサンチョを入れておきたい。息子だと守備力は高いがHPが低いのでサンチョに比べると死亡しやすい。
 ピエ息子娘で適度に対応しつつ進む場合、逃げではなく対応することが少なくないため当然その分遅れてしまう。サンチョはここで死亡してもルドマン邸でタイムロスなしに蘇生可能であり、別に蘇生させる必要すらないので、サンチョを壁に進むことが十分に考えられる。
 とはいえ、先制スクルトの使える息子を加入させて、ピエール息子娘で進んだ方が安定度としては高い。狩るエンカも多くなく全逃げと比べてもロスはそれほどないため、無理にサンチョを使わなくてもよいだろう。

(3)大神殿
 取る人はほとんどいないが、サンチョに魔人の鎧を装備させて大神殿で起用するチャートがあり、併走での状況によってはそのチャートに移行するとよい。
 ただ、通常チャートではサンチョを使わないのでこの点はあまり考慮しなくてよいかもしれない。
 詳しくは別途考察することとする。

(4)魔界
 死亡しても構わない緊急時の壁として用いることができる。
 一番手または二番手のメガンテ要因としても使えるため、サンチョを仲間にしておけば安定度は上がる。

(5)ミルドラース戦
 サンチョに賢者の石を持たせれば、賢者の石要因とバイキルト要因を分けることができる分、常に賢者の石を使用し続けることが可能となるため、事故率が極めて低くなる。
 基本的に娘石を想定している場合であっても、サンチョを加入させておけば、状況によってサンチョ石に変更することができる。

(6)その他
 サンチョをメインとして使うチャートであれば、ボブルの塔~ブオーン、イブール戦でもサンチョを使用することになるだろう。
 詳しくはまた別の機会に記述する。


3.まとめ
 海の神殿、魔界などサンチョがいると安心という場面は少なくないため、安定度向上のため娘石チャートでも仲間にしておくとよいでしょう。
 とはいえ、加入させるとなればある程度のロスも発生するため、記録狙いでは加入させなくてもよいと解されます。
 併走かどうか、記録狙いかどうか、青年期前半終了時のタイムがどれぐらいかということを踏まえて加入の有無を決定すればよいのではないでしょうか。
 ちなみに、私の場合、併走では道具持ち要因一人以下、かつ、大きなビハインドがない、かつイエティなど他に壁役がいない場合に加入としています。単走では、道具持ち要因なしの場合、又は、道具持ち要因一人で金策が厳しい場合に加入としています。


・余談
 私が記録狙い限定でのサンチョカットをやり始めた10年4月の時点では、サンチョの加入すらさせないチャートをとる人はほぼ皆無でした。しかし、10年秋ぐらいからは記録狙いでサンチョカット娘石にする人がちらほら出てきて(この時期に私は併走ですら原則としてサンチョをカットするようになった)、翌年からはサンチョカット娘石が珍しくなくなりました。
 このように記録狙いを中心にサンチョカットチャートは広まっていったわけですが、サンチョを使うことのできる場面は多いため、基本的には娘石であっても記録狙い以外ではサンチョを加入させてよいのではないかと思っています。


■DQ5(SFC)RTA攻略考察:ミルドラース戦で賢者の石を誰に持たせるか
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freedomborokabu.blog72.fc2.com/tb.php/612-4ae23aac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ファミ

Author:ファミ
・当サイトではDQを中心に特殊攻略を念頭に入れたデータベースを提供しています。
・一部作品はDS版等リメイクへの対応も行っております。
・解析でわかった面白いことやほとんど知られていないネタなどを色々記載しており、裏技コンテンツなどは他サイトに例がないほど詳しいものとなっております。
・だいたい土日更新ですので更新を気長にお待ちください。

迷い込んだ回数

メニュー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
一押しのページ
自作動画
検索フォーム

管理人の巣窟
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
579位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
27位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。