特殊攻略のススメ+α-ドラクエなどなど-

ドラゴンクエストを中心にやや昔のゲームの特殊攻略を紹介しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DQ5(SFC)RTAのニコ生(駅伝)ルールの改正案を考えてみた

 ドラクエRTA駅伝第9回目の実施が本日告知されましたが、どうもドラクエ5のニコ生(駅伝)ルールがいまいちわかりにくいので、よりわかりやすい新ルールについて勝手ながら案を作ってみました。
 ○が許可で×が禁止に当たります。△は本来なら禁止の方が良さそうだけど見分けがつかないなどの理由で許可せざるを得ないだろうというものです。
 なお、以下の案はあくまで「ルールは明確にしてほしい」、「こんな風に変えたらいいんじゃないか」という提案にすぎないので、私個人の意見を色んな人に押しつけるものではありません。何かしら参考にしていただければ幸いです。


<操作環境について>
・操作環境はできるだけ明記する。
 ULTIMA GARDENなどニコ生以外のサイトでは実機とエミュを厳格に区別していることからわかるように環境の明示は重要である。プレイヤーが故意に環境を偽った場合は不正とみなして失格とすべきだろう(個人的にはRTA界から永久追放することもやさないぐらいのレベルだと考えている)。
・原則は実機とするがエミュレータの使用も構わない(後述するエミュレータを除く)。
 再現度は高いといえども実機と条件が一緒でなく有利不利が生じるためできれば実機に統一したい。
 しかし、発売から長期間が経ち内部電池の切れたROMが多く、ニコ生ではエミュレータの使用が広く認められているため、使用を許可するのが無難だろう。
・互換機については実機とみなすが、どの互換機を使ったか備考として記載しておく。
 公式エミュに当たるWii版については中断セーブさえ使わなければ使用を許可して良いのではないかと思われる。
・以下のエミュレータは使用を禁止する。
 処理落ちや暗転処理が実機に比べて極端に早いと言われているため、ZSNES、uosnes、Snes9xpp、Snes9X 1.43以前は使用を禁止する。
・FPSを必ず表示する。
 FPSをいじることを防ぐため。
・乱数把握禁止
 会心の一撃を出しやすくしたり、エンカウントを回避しやすくするのを防ぐため。
 但し、把握行為が行われているか否かを判断するのは難しいという問題がある。
・transparency effects(透かし処理)のoffの禁止
 問題となるのはドラクエ1の心眼部分くらいだが、他にも有効な場面がありそうなので禁止。


<作品全般のルールについて>
△特定の連射器・連射機能を利用したダメージ固定(フレーム偶奇調整)
 問題となるのはドラクエ1,2だけだと思われるので簡単にしか述べないが、使用可能な環境が限定されており使用できないプレイヤーが不利になることを避けるため禁止の方が良さそうである。
 使用可能な環境を用意しないのが悪いという意見もあるだろうが、使用不可能な環境の方が一般的であり使用可能な環境が特殊例外的なものと思われる。また、不利にならないためにはいちいち環境をあらたに整えなければならないという状況を作るのには問題がありそうである。
 しかし、特定の連射器・連射機能の使用不使用を見分けることは非常に困難であるため、禁止は難しいだろう。怪しいシーンをフレーム単位で解析すれば判明するかもしれないがたまたま偶奇が変わらなかっただけと言われればそれまでであり、密かに使われていてもクロと認定することはできない。

△特定の操作による乱数調整を利用したダメージ固定
 特定の連射器。連射機能を使わずとも特定の操作を行うことで人力によるフレーム偶奇調整をすることにより、ダメージを固定できる。
 ここでいう特定の操作ができないと不利になってしまうため、新たにドラクエ1のRTAをしようと思う者の障壁となり、プレイヤー人口を増やすことができなくなってしまうという意見もあると思われるが(障壁となるという話しを極端にすると先岩山チャートも障壁になるので辞めろということになりかねないが)、一部の環境にあるものだけが使えるわけではないので、上の方法によるフレーム偶奇調整に比べると許可してもよいという声が多いと思われる。
 怪しい動きがあった場合は判別が付くものの、使用不使用を見分けることはやはり難しい。
 調整しなくてもいいパターンを引いたから傍目から明らかに調整とわかる方法で調整する必要がなかったというケースもあるため、これまた禁止できないだろう。

△リセットを利用しない状況再現
 通常のプレイと判別がつかないため禁止できない。
 とはいえ、ドラクエでは1などで理論上できるにすぎず、実行することはほぼ不可能と思われる。
 唯一の例外がドラクエ5のスライムレース10倍かけであるが、これについてはかなり昔から知られてきた裏技であるにもかかわらず禁止されていないので後述するが許可で良さそうである。
 スライムレース10倍かけを除けば、まず行われることはないと思われるし、現に行われていないので議論の必要性はないだろう。

×リセットを利用した状況再現(最初のゲームスタートからの状況再現含む)
 メタル・はぐれ狩り再現や全逃げ再現、ドロップ再現により通常RTAに比べて圧倒的に優位な走りができるため、運要素を楽しむことも主眼に置いた通常のニコ生ルール(駅伝ルール)においては敬遠される。
 上のような再現を利用する状況再現ありのRTAは通常RTAと全く異なったゲームになってしまうため、再現ありとなしで記録は厳格に分けて考えなければならない。また、再現ありができる人は限られており、未経験者含めて広く走者を募集する駅伝にはそぐわないだろう。
 なお、リセットを介しているため上とは異なり通常プレイとの判別がつきやすく、玄人が見れば判別はそれほど難しくないだろう。
 この方法の状況再現は1,2,5で知られているが、1や5は通常リセットをしないので判別の必要性はそもそもなさそうである。
 1は種吟味でリセットがありうるが、再現の動きとそうでない動きの違いはだいたいわかるものである。
 5は動きだけでは判別がつきにくいが、再現を継続させるためには本来キメラの翼を使うところを歩きで抜けるなど通常行わないような動きが入ると思われるので、これまた区別はつくだろう。
 問題は2であり、2はそもそもリセット回数が多く、再現と非再現の区別が難しい場合もあるので、厳格に調べなければならない。この点、駅伝といった大会では経験者や有識者で構成された再現調査班などを別途設ける必要があるのではないかと思われる。


<ドラクエ5のルールについて>
○魔神の鎧バグ
 素早さの決定メカニズムの不備から魔神の鎧を装備したキャラを先頭にし死亡キャラを2番目に置くと、魔神の鎧を装備したキャラが確定先制を行えるというバグ。
 これを利用したからといって有利になるとは限らず、チャートの一つとして利用価値があるに過ぎないので許可となる。

○死者の盾
 ゲマ(青年時代)やミルドラースは、本来はマホカンタもしくはマホキテ状態のキャラに対してはメラゾーマを唱えてこないが、1番目にマホカンタ使用キャラを2番目に死者を置くなど特定の順番にキャラを配置すると、マホカンタ利用キャラに呪文を使ってくるという裏技。
 利用するのが極めて難しく、これを利用したからといって有利になるとは限らず、チャートの一つとして利用価値があるに過ぎないので許可となる。

○スライムレース10倍かけ
 この裏技も一種の乱数調整と考えれば、状況再現と同様禁止すべきかもしれない。
 2分程度で世界樹の葉を回収できると考えれば結構バランスブレイカー的なところもあるが、今まで許可と捉えられてきているので禁止しなくても良いだろう。

○キャラ強制移動
 現在では、幼年期のサンタローズにある手織りのケープ回収のためほぼすべてのプレイヤーが利用している。
 禁止すべき理由が思い当たらないし許可とすべきだろう。
 駅伝ルールにいう「入手できないはずのアイテム入手」とはこれのことを指しているように思われるが、手織りのケープ回収は認められておりどうもそうではないようである。
 となると、「入手できないはずのアイテム入手」に該当するアイテムは存在しない(ボロンゴ技は禁止されているため、ボロンゴ技の利用によるわけでもない)ことになるわけであるが、この点は情報提供を求めたい。

○満タンバグ
 回復呪文を使える同種仲間モンスターが2匹以上いる場合(例えば、ピエールとアーサー、ホイミンとスラッポなど)に満タンを使用すると、本来は後に仲間になった同種仲間モンスターが回復呪文を使うはずのところ、先に仲間になった方が回復呪文を唱える。この際、先に仲間になった方はMPが切れていても回復呪文を使い続けることができる。
 細かい条件はここに記載しないが、回復を無制限に行うことが可能になることから、死の火山、チゾットへの山道、トロッコの洞窟、ボブルの塔、大神殿などの安定度が向上する。
 これらの区間の安定度の向上に加えて、満タンバグをフル活用すればいいので、宿屋の宿泊をカットしたり祈りの指輪も売ることもできる。
 以上のことを考えればそれなりにゲームバランスを壊しているとして禁止が妥当なようにも思われる。禁止といえども満タンが一切禁止されるわけではなく、ピエールなどのMPが切れても回復呪文を使い続けられるという状況を避ける程度に満タンの使用を制限することになるためそれほど問題はない。
 しかし、このような見解に対しては、満タンをいちいち行うと時間がかかるし、エルフの飲み薬や祈りの指輪があれば安定度も大差ないからゲームバランスが壊れるというほどではなく、そこまで有利にはなっていないと反論することもできる。
 また、禁止事項をやってるのかやってないかの調査が凄く面倒であるし、禁止事項に引っ掛かるか否かの判断を常にプレイヤーに迫ることになるというのも妥当ではないように思われる。かつて禁止していたという事実もないため、引き続き許可で良いのではないだろうか。

△ドロヌーババグを利用した奇跡の剣狩り
 ドロヌーバの助けを呼ぶを利用して奇跡の剣を出現させるという裏技。発生原因は以下の通りか。
1、ドロヌーバが「助けを呼ぶ」を行った後、打撃やニフラムなどで助けを呼んだドロヌーバのいたグループを全て処理する。
2、そのグループはなにもいない(FF)0匹となるが、次のターンに助けを呼ぶの効果から、なにもいない(FF)1匹と出てくるはずである。
3、しかし、0匹の場合FFはなにもいないであるが、1匹の場合強制的にデータを読み取る必要が生じる。そこで、本来はアイテム欄にある部分を参照した結果、奇跡の剣(FF)1匹が出現する。

 ニコ生(駅伝)ルールには抵触しないが、そもそも存在自体全く知られていないので許可すべきなのかは不明である。許可という形でコンセンサスを得ている訳ではないので私自身この裏技は今のところ自粛している(ただ単にあまり狩れず狩れてもそれほど早くならないというのも理由であるが)。
 毒針を購入しないといけないし狩れる機会も多くなく狩るのにある程度時間がかかるから、利用しても必ず早くなるわけではない。そう考えると許可でよいように思われる。

×ひとしこのみ
 説明するまでも無いほど酷いバランスブレイカーな裏技なので勿論通常ルールでは禁止。

×同一モンスター複数回撃破(旧:無限はぐれメタル狩り)
 ドラクエ5ではアイテム欄を利用した攻撃手段を用いるとそのターンのうちに一度倒した敵を再度倒すことができる。この仕様を利用してメタルスライムなどのモンスターを複数回撃破すると圧倒的に通常RTAより有利になってしまうため禁止とすべきである。
 なお、聖水、毒針装備替え攻撃、装備替え攻撃による会心の一撃を利用することでこの裏技が可能となるので、一般的に言われている「聖水バグ(聖水を利用した同一モンスター複数回撃破)」を禁止するだけでは十分でない。
 無限狩りはこの裏技の応用に当たる。駅伝ルールでいう「無限はぐれメタル狩り」は聖水バグを含めた概念であり、聖水バグと同趣旨である毒針装備替え攻撃、装備替え攻撃による会心の一撃を利用した同一モンスター複数回撃破も当然禁止となる。

×同種モンスターレベル上げ(旧:モンスター爺さん系バグ)
 モンスター爺さん系バグの一つだが、ボロンゴ技ばかりに気を取られるとついこの裏技が禁止されているのを忘れてしまういそうなので分けた書いた方が良さそうである。
 この裏技は、同種モンスターが2匹以上いるときに預ける処理と引きとる処理を利用して1戦闘で確実にレベルを1つ上げられるというもの。
 一回ごとにかかる時間が長いので時短効果はあまり期待できないはずだが、色々なレベルの人が集まるニコ生、駅伝では一概にそうとも言えないため禁止が無難かもしれない。

×モンスターコピー(旧:モンスター爺さん系バグ)
 ボロンゴ技の1つ前の裏技で主人公を消失させる代わりにモンスターをコピーすることができる。ボロンゴ技ほどはバランスブレイカーではないがピエールを二人することができることから禁止すべきことが理解されよう。
 主人公が消失してしまうため主人公関連のイベントを起こすことができずボロンゴ技を利用しないと詰む。
 町に入るとボロンゴ技が発動してしまうため、ボロンゴ技なしにこの裏技だけでクリアするとなると、エビルマウンテンのマーサ死亡イベントを起こしてからこの裏技をするしかない。

×ボロンゴ技(旧:モンスター爺さん系バグ)
 これを解禁するとなると1時間35分ほどでクリアできてしまい幼年期以降の面白みがなくなってしまうため、通常ルールでは当然禁止。

×魔界での船利用
 これまた時短効果はほぼ期待できないはずなので本来は許可で良いだろうが、色々なレベルの人が集まるニコ生、駅伝では一概にそうとも言えないため禁止が無難かもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freedomborokabu.blog72.fc2.com/tb.php/630-e436c6ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ファミ

Author:ファミ
・当サイトではDQを中心に特殊攻略を念頭に入れたデータベースを提供しています。
・一部作品はDS版等リメイクへの対応も行っております。
・解析でわかった面白いことやほとんど知られていないネタなどを色々記載しており、裏技コンテンツなどは他サイトに例がないほど詳しいものとなっております。
・だいたい土日更新ですので更新を気長にお待ちください。

迷い込んだ回数

メニュー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
一押しのページ
自作動画
検索フォーム

管理人の巣窟
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
878位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
45位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。