特殊攻略のススメ+α-ドラクエなどなど-

ドラゴンクエストを中心にやや昔のゲームの特殊攻略を紹介しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DQ5(SFC)RTA考察:ブオーン戦をどのようなメンバーで戦うか

■ドラクエ5(SFC)RTA考察:ブオーン戦をどのようなメンバーで戦うか
 ブオーン戦は主人公が加入必須となる以外の縛りはないため、どのメンバーで戦うかは割と自由に決定できます。
 どのようなメンバーで戦うかを検討する上ではブオーンをいつ倒すべきかということも大きく関わってきますが、基本的にはボブル後イブール前チャートを念頭に置きます。


1.どのようなことを考慮すべきか
(1)ブオーン戦の獲得経験値
 経験値が8500もあるので、息子娘に経験値を入れておけばそれ以降の雑魚戦の安定度が上がる。
 ボブルの塔、大神殿のエンカウントには鬼畜なものが多く、息子娘が低レベルだと事故が起こりやすいため、できれば息子娘をブオーン戦に入れた状態にしておきたい。
 ブオーン戦で息子や娘を入れておかないと、最終レベルが1変わることがあるため、ミルド強の突破率が問題となる娘石チャートの場合はできるだけ息子娘に経験値8500を入れるようにしたい。

(2)戦闘時間
 ブオーンの攻撃は強力ではあるが、奇跡の剣を装備した打撃役と祝福の杖を持った回復役の二人がいれば勝てるので、青年期後半開始時点でも倒すことは可能。
 しかし、アタッカーが二人と一人では火力面の違いから戦闘時間が1分ほど変わることがある。
 できるだけアタッカーは二人欲しいところであるが、息子娘のレベルが低いと息子娘の二人を加入させた状態でアタッカーを二人にするのは難しく、アタッカーを一人にせざるをえないことが多い。
 スカラを解除しないと時間がかかるので、天空の剣かルカナンはほぼ必須となる。ブオーン戦で息子を使わないチャートの場合、天空の剣を他のキャラに渡しておく必要があるので注意。
 ピエールが火炎耐性持ちなので、ピエールを入れておけば戦闘時間は短くしやすい。

(3)息子娘の現在レベル
 息子娘のレベルが低いとボブルの塔の安定度が落ちるため、ボブルの塔に行く前に息子娘のいずれかはブオーン戦に入れた状態でブオーンを倒しておくなどといったことが考えられる。


2.ではブオーン戦のメンバーをどうするか
 主人公は必須なので残りの二人をどうするかが問題になりますが、ブオーン戦のタイミングによって誰を連れていくべきかは大きく変わります。
(1)息子、娘、(主人公)
 主人公を死なせておくため比較的低レベルでも攻略可能である。比較的高レベルでもブオーンの攻撃が激しいと主人公を見限った方がベターということでこの陣形になることがある。
 娘の素早さ調整を気にする必要はあるがボブルの塔前に倒しに行くことも可能であり、かつ、ボブルの塔前に息子娘両方に経験値を入れられるため有効である。その場合、息子に奇跡の剣を渡しておくとよい。
 主人公を見限るためアタッカーが息子一人になってしまいせん滅速度が1分ほど遅くなるのがデメリット。

(2)息子、娘、主人公
 主人公を死なせないのであれば比較的レベルが必要なため、ボブル後に倒しに行くことになる。
 ボブルの後ブオーンを倒し大神殿に向かうのであれば、主人公の装備をいじる回数が少なくて済む。
 大神殿の後に戦うのであれば装備をいじる回数が増えるもののフバーハとルカナンが入っているので戦闘時間が極めて短くなるため、トータルでは大神殿前にブオーンを倒すよりも早くなることがある。
 基本的にアタッカーが二人いるので戦闘時間が少なくて済み、経験値を最も入れたい息子娘の二人に経験値を入れられる。
 息子に奇跡の剣を持たせ、主人公にドラゴンの杖を持たせても良い。

(3)ピエール、娘、(主人公)
 娘に経験値8500を入れることができるため、ボブル前だとメリットが大きいチャート。
 ピエールしかアタッカーがいないので戦闘時間がアタッカー二人に比べて1分ほど長引くのがデメリットであるが、娘にバイキルトが早い段階で入ると考えれば1分のロスも惜しくないかもしれない。

(4)ピエール、娘、主人公
 上だとアタッカーが一人で戦闘が長引くため、主人公もアタッカーとして採用した方がよい。
 奇跡の剣はピエールが装備することになるため、主人公にはドラゴンキラーやドラゴンの杖を持たせておく。
 ボブル前で娘に経験値を入れさせることで、容易にバイキルトを覚えさせることができ、ファイト一発の購入を減らせ、高レベルな分ボブルが安定し、メタルドラゴンやドラゴンゾンビを一発で落とせるようになる。
 アタッカーが二人いるので戦闘時間は短いが、娘や主人公のレベル次第では主人公を見限らざるを得ないことになることが少なくないので注意。
 かつてはやる人が少なかったものの、現在ではやる人が増えており、今後主流になる可能性が高いチャートである。

(5)ピエール、息子、(主人公)
・息子回復役の場合
 息子が回復役となり通常チャートでいう娘の役割を果たすことになる。
 戦闘時間を長引かせてまで息子に経験値を入れるというチャートであるため、ブオーン戦INのタイミングはボブル塔直前になる。そのため、息子の素早さ調整をどうするかが問題となる。
・ピエール回復役の場合
 ピエールが回復役となり通常チャートでいう娘の役割を果たすことになる。
 奇跡の剣を装備したピエールが殴れなくなるため、戦闘時間が上の場合に比べてより長くなりがちである。ただ、その分息子の素早さ調整は意識しなくて済む。
・全体
 通常の息子娘チャートでは娘と異なり息子に経験値8500をボブル前に入れるメリットがあまりないように思われるため、ミルド戦のみ娘使用チャートぐらいしか出番がないと思われるチャートである。

(6)ピエール、息子、主人公
 通常はピエールと息子、主人公の三人のうち二人を使うように想定しているため、装備品を事前にしっかり準備しておくことが必要となる。
 素早さの問題から星ふる腕輪をピエールに装備させて回復役としたい。
 となると、息子と主人公がアタッカーになる。戦略自体は息子、娘、主人公と大差なく、ピエールが娘の強化版の役割を果たすことになる。

(7)サンチョ、(主人公)、ピエール
 サンチョにまじんの鎧を装備させて回復役とするが、サンチョが何気に堅いのでサンチョも殴りに参加できることが少なくない。
 そのため、アタッカーは基本一人であるものの、通常のアタッカー二人に比べても20秒~30秒ほどしか遅れない。
 経験値をわざわざ入れなくてもよい二人にしか経験値が入らず、肝心の息子娘に経験値が入らないのがデメリット。このチャートをやるとすれば息子娘の使用を極めて限定的とするチャートを用いるべきであろう。
 
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freedomborokabu.blog72.fc2.com/tb.php/786-8e4228f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ファミ

Author:ファミ
・当サイトではDQを中心に特殊攻略を念頭に入れたデータベースを提供しています。
・一部作品はDS版等リメイクへの対応も行っております。
・解析でわかった面白いことやほとんど知られていないネタなどを色々記載しており、裏技コンテンツなどは他サイトに例がないほど詳しいものとなっております。
・だいたい土日更新ですので更新を気長にお待ちください。

迷い込んだ回数

メニュー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
一押しのページ
自作動画
検索フォーム

管理人の巣窟
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1421位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
64位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。